HOME>トピックス>ipadには専用のアプリ開発が必要!プラットホームの種類と特徴

構想があれば誰でもアプリを作ることができる!

アプリ開発を行っている専門会社に依頼すれば、構想さえあれば誰でも簡単にアプリ開発を行うことができます。構想をこのまま寝かせていてはもったいないので、形にして売り出しましょう。

自作アプリと開発会社が作ったアプリの違い

思い通りに開発できる自作アプリ

開発からリリースまで全てを自力で行う必要はありますが、自分の思い通りのアプリを開発できるのが自作アプリの良い点です。費用を抑えたいという人は自力での開発を目指しましょう。

市場を意識した開発会社のアプリ

人気のアプリを作りたいという人は、開発会社に依頼するといいでしょう。プロが開発してくれるので、品質の高いアプリを作ることができます。また、徹底した市場調査を行った上で開発を行うので、売れなくて収益が出せないという状況は回避できるはずです。

ipadには専用のアプリ開発が必要!プラットホームの種類と特徴

アイコン

ipadのアプリ開発専門会社への依頼方法

タブレット端末のプラットフォームは主にAndroidとiOSの2つに分かれていて、Android専用のアプリはipadでは使用できません。ipadをターゲットにするなら、iOS専用のアプリを開発する必要があります。まずはインターネットでiOS専用のアプリを開発できる会社を探しましょう。希望に合う会社が見つかったら、直接電話やメールで依頼内容を話して見積もりを出してもらいます。

端末

アプリ開発に必要な費用の目安

アプリ開発に必要となる費用は、依頼する会社によって異なります。安ければ150万円で請け負ってくれるところもありますが、高ければ1千万円を超えることもあります。どのような機能を搭載するのか、データベース連携を行うのか、開発後の運用も任せるのかといった点でも費用は異なるので、必ず依頼前に詳細な見積もりを提出してもらいましょう。

PC操作

専門会社に依頼する際の注意点

アプリ開発専門会社の中には、事前に開発費用を見積もりで出してもらっていても、後々開発に遅れが出たリ計画変更を行うなどして追加料金を課すような会社もあります。予算が決まっている場合には、依頼前の相談の段階で最終的にいくら掛かるのか、追加料金が発生する可能性があるのかなどを確認して書面に残しておくと安心です。

アプリ開発の流れ

スマホとアプリ

アプリの企画を立ち上げる

発案者と企画会社で、どのようなアプリを作るのか話し合います。アプリの内容から機能、デザインに至るまで詳細に打ち合わせが行われます。費用やリリース方法についてもこの段階でよく話し合っておきましょう。

市場調査などの情報収集

日々複数のアプリがリリースされています。その中でどのようなアプリが人気を集めているのか、開発しようとしているアプリと似たものはないのかなど、様々な事前調査が行われます。

アプリの開発スタート

システムを担当するエンジニアやデザインを担当するデザイナー、実装するためのプログラミングを行うプログラマーなど専門のスタッフによって実際に開発が行われます。

市場へリリースする前の最終テスト

アプリは完成しても、すぐに市場に出せるわけではありません。実際に利用者が使うことを想定して、あらゆるテストが行われます。問題が起これば改善し、最終的に合格できるまで調整を重ねます。